HOME > コラム > 5ページ目

コラム 5ページ目

2020/02/24

指導者イチロー誕生の記事を読んで...

 指導者イチロー誕生   昨年12月に学生野球資格回復研修を受けたイチロー氏が7日、資格回復が認められた。   以上は、日刊スポーツが報じた内容記事(2020年2月8日)の一...

続きを読む

2020/02/17

リベラルアーツの源泉

佐藤 武蔵{※私立の中高一貫校}の教育は、必ずしも高偏差値大学に行かなくても、武蔵で5年間勉強していた内容でおおよその基礎はできているから、どの大学に行っても活躍できる場はあって、社会に出てからも...

続きを読む

2020/02/10

リベラルアーツの雛型は高校時代にできあがる!?

「世界で輝く大学」目指す 国際化で欧米追い上げ 国内外で教員公募  文理融合で教育改善           田中愛治  早稲田大学総長寄稿               2020年1月6日(月) 日本経...

続きを読む

2020/02/04

カリスマ英語講師安河内哲也氏の言説

 2020年1月21日(火)の朝日新聞の教育欄の記事です。    東進ハイスクール講師安河内哲也氏{※文部科学省の「英語教育の在り方に関する有識者会議」委員という経歴の方で す}...

続きを読む

2020/01/27

ポケトーク開発(カンブリア宮殿)を観て思ったこと③

 ポケトークの開発者松田憲幸氏は、大学卒業後、IBMに就職し、その後独立し、パソコンのソフト会社ソースネクストを立ち上げます。そして、そのソフトの成功で、一部上場を果たします。しかし、その後リーマンシ...

続きを読む

2020/01/20

ポケトーク開発(カンブリア宮殿)を観て思ったこと➁

 ①中国では、電線のインフラが整備されていなかった、いや、遅れて経済発展したことが、幸いし、置き電話を通り越して、直、四川省などの僻地でも対応できる携帯電話が普及した。    ②中国や韓国は...

続きを読む

2020/01/13

ポケトーク開発(カンブリア宮殿)を観て思ったこと①

 新年早々、なかなかインスパイアされる番組を見ました。テレビ東京のカンブリア宮殿(毎週木曜)です。取り挙げていた特集は『次世代ビジネスの挑戦者たち①』というものです。今や、明石家さんまのCMで有名にな...

続きを読む

2020/01/07

「初め良ければすべて良し」という気風

 「終わり良ければ総て良し」(シェークスピア)という格言があります。これを捩って「初め良ければ総て良し」という私的“格言”を提言してみたいと思います。   それは、日...

続きを読む

2019/12/24

大河ドラマ『いだてん』と新テストの頓挫で終わった2019年

 NHKの大河ドラマ『いだてん』もしくは、2020年度から開始が予定されていた新テスト:「英語民間資格試験・数学国語記述問題」の2本柱とかけて、小学校の運動会におけるお父さんの徒競走と解きます、そ...

続きを読む

2019/12/24

全面講和か単独講和か、英語教育も同じ!

英語の4技能を同時に伸ばす政策は、全面講和と同じパラダイム!    日本が、サンフランシスコ講和条約を結ぶ前夜のことです。日本中では、全面講和か単独講和かでもめていました。時の首...

続きを読む


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ