HOME > コラム > 8ページ目

コラム 8ページ目

2021/05/03

時代は変われど<読み書き算盤>の軸足を変えてはいけない

 NHKの教育番組『ウワサの保護者会』(2020年11月14日)というものを観た。議題は、「算数・数学が変わる!」というものである。この番組、文科省の広報官ではないかと勘繰った見方をしたくなる体制派の...

続きを読む

2021/05/03

子ども携帯を持つS君からS・ジョブスを想う

 私の教え子で、現在中学3年生の男子生徒がいます。神奈川県の進学校に通っている、サッカーに没頭している、英語は学校でも上位にいる生徒です。彼は、中学2年の半ばまで、小学校の延長である<子供ケータイ>な...

続きを読む

2021/05/03

国語は算数へ、算数は英語へとつながる!

 国語という科目の厄介さをこれから申し上げてみたい。    有名人を例にあげましょう。今やタレント予備校講師の林修氏に関してであります。彼は、祖父が日本画家で、小学生時代にその祖父の書棚...

続きを読む

2021/04/26

大学の創作学科と小論文の参考書

 私が仏文科の大学院生だった頃、スタンダリアンで文芸評論家でもあるF教授が、早稲田の文学部に文芸学科、いわゆる、小説などの創作をメインとした学科があることに言及された。「小説なんかは、大学なんかで学ん...

続きを読む

2021/04/19

小論文という科目について

 小論文という科目について、今回は語ってみたい。この小論文なるものは、現代文以上に、予備校の講義、また、参考書の類が全く用をなさないジャンルでもある。    この小論文なる科目は、まずも...

続きを読む

2021/04/19

現代文という教科の正体

 現代文という教科に関して語ってみたい。これは、世の親御さんは勿論、現役高校生に関しても、恐らく、「ああなるほど!」とご納得する私の本音でもある。    教え子に、夏期講習などを受講しても一...

続きを読む

2021/04/12

現代文講師にも"帰国子女"と"純ジャパ"とがある!

 これから、現代文のカリスマ予備校講師に関して私なりの隠れた、いや潜在的一般論というものを申しあげたいと思います。これは、これまで誰も指摘しなかった死角でもある。    英語講師には、私は常...

続きを読む

2021/04/05

英精塾"YouTube"開設のお知らせ

  2021年4月からYouTubeを始めました。宜しくお願い致します。文面では伝わらない私のキャラがもろに伝わるかと存じます。本ブログは、大方、世の高校生は、読んではいないでしょう。ですか...

続きを読む

2021/03/22

比較することから不幸が始まる、これ教育改革も同じ

 よく禅僧や世の有識者が、幸福論なるハウツー本をだされているが、大方共通する点は、「不幸というものは、他者との比較が原因である」といったものに由来するようである。そうである、他者をうらやむ、あこがれる...

続きを読む

2021/03/22

大学附属校は自衛隊の存在と同じである

 教え子の中高生に、時たま聞く質問であるが、「信長・秀吉・家康の中で、一番好きな武将は?」と問うと、大方、半分近くは、信長と応じる、そして、秀吉、家康と人気が下がる。日本人の血液型の割合が、O型が5割...

続きを読む


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ