HOME > コラム > 6ページ目

コラム 6ページ目

2018/10/22

就社から'就職'へ、学歴社会から学力社会へ

 終身雇用と年功序列社会が、だいたい終焉を迎えた今日、大卒の社会人が、3年で会社を辞める日本社会で、就職ということばが、内実、就社であった現実があらわとなりつつあります。しかし、現実には、1~2割程度...

続きを読む

2018/10/15

NHKの"うわさの保護者会"の3テーマ

  小学校からの英語必須化、アクティブ・ラーニング、プログラミング教育、こういった問題が、2020年度の大学入試改革とリンクして語られてきています。その根底にあるマグマは、グローバル化・AI...

続きを読む

2018/10/15

アクティブ・ラーニングの正体

 これから英語教育とは、一見関係がないと思われがちな、アクティブ・ラーニングに関して、語ってみたいと思います。これも、2020年以降、初等・中等教育で、率先して取り入れてゆく方針だと文科省は...

続きを読む

2018/10/15

ゆとり教育とアクティブ・ラーニング

 ゆとり教育とアクティブ・ラーニングなるものが、本来、同じ病根から派生した、一見時世にマッチングしていて、しかも、グローバル化にリンクするかに見えて、実は、国力・民力を劣化、劣悪へと導く、文...

続きを読む

2018/10/01

紙の辞書では、何がお薦めか?

 前回は、電子辞書と生徒との関係性に立脚して、その是非を論じてきましたが、今回は、紙の辞書に関して語ってみたいと思います。それは、常日頃、生徒、ご父兄から、「では、先生は、どんな辞書をお薦め...

続きを読む

2018/09/24

電子辞書支持者への一諫言

 新聞の発行部数{※実は販売数ですが}が激減し、書籍の売り上げも右肩さがり、それに反比例して、スマホの新聞電子記事の購読者数、また、電子書籍の売り上げが急上昇しているかと思いきや、さほどでもない。これ...

続きを読む

2018/09/10

スーパースターのDVDと2流元プロ野球選手の直接指導

 前回に、アナログ教育の大切さを色々な角度から語らせていただきましたが、今回は、それを、独自に、個人的見解、それもある思いを込めて、具体的なケースとして述べてみたいと思います。  世の中で、AI、SN...

続きを読む

2018/09/10

アナログ教育が如何に大切か!

 政府、文科省、そして学校と生徒の関係は、これまで述べてきたので、今回は、生徒と教育産業との関わりを語ってみたいと思います。  ここ数十年、学校、家(自宅)、そして塾・予備校というトライアングル(正三...

続きを読む

2018/09/10

超進学校の校長も英精塾の考えと基本的には同じ!

 日本経済新聞(2018年8月20日)の教育欄で、前浦和高校校長杉山剛士氏が、投稿されていた“『大学入試試験での民間英語検定試験活用』の問題点”の中の抜粋を紹介します。これは、...

続きを読む

2018/08/27

安倍政権の教育政策というものがどれだけ愚策か!

 安倍政権の教育政策というもの、それは、第一次安倍内閣における教員免許状の10年更新制度、まるで自動車免許じゃあるまいし、不要、無用の長物である。そんなことをしても、しなくても、瑕疵教師を解消できない...

続きを読む


<<前のページへ1234567

アーカイブ

このページのトップへ