HOME > コラム > 9ページ目

コラム 9ページ目

2018/09/10

スーパースターのDVDと2流元プロ野球選手の直接指導

 前回に、アナログ教育の大切さを色々な角度から語らせていただきましたが、今回は、それを、独自に、個人的見解、それもある思いを込めて、具体的なケースとして述べてみたいと思います。  世の中で、AI、SN...

続きを読む

2018/09/10

アナログ教育が如何に大切か!

 政府、文科省、そして学校と生徒の関係は、これまで述べてきたので、今回は、生徒と教育産業との関わりを語ってみたいと思います。  ここ数十年、学校、家(自宅)、そして塾・予備校というトライアングル(正三...

続きを読む

2018/09/10

超進学校の校長も英精塾の考えと基本的には同じ!

 日本経済新聞(2018年8月20日)の教育欄で、前浦和高校校長杉山剛士氏が、投稿されていた“『大学入試試験での民間英語検定試験活用』の問題点”の中の抜粋を紹介します。これは、...

続きを読む

2018/08/27

安倍政権の教育政策というものがどれだけ愚策か!

 安倍政権の教育政策というもの、それは、第一次安倍内閣における教員免許状の10年更新制度、まるで自動車免許じゃあるまいし、不要、無用の長物である。そんなことをしても、しなくても、瑕疵教師を解消できない...

続きを読む

2018/08/27

<学校英語>とは、'洋食'である!

 私は、個人的ながら、横浜で英語の個人塾を主宰しており、授業の雑談、また、日本史や世界史の授業でも、日米安保、即ち、自衛隊の件、そして、軍事安保についてのほかに、日本には、食糧安保と教育安保という概念...

続きを読む

2018/08/27

英語教育は哲学でもあり文化でもある!

 今、手元に野中郁次郎氏{一橋大学名誉教授}による『経営は哲学なり』(ナカニシヤ出版)という本がある。内容はさておき、その表題に意識を向けていただきたい。浅薄な経営者が、巷の経営ハウツー本を...

続きを読む

2018/07/30

WEBサイトをリニューアルしました。

WEBサイトをリニューアルしました。 今後とも英精塾をよろしくお願いいたします。

続きを読む

2018/07/30

2020年の英語大改革(改悪)という'病'への処方箋【後編】

|ある程度以上の、文法・読解能力さえ持ち合わせていれば、センター試験・英検2級程度のリスニングは、屁もなく了解できてしまう センター試験における、英語対策なるものと生徒の相関関係を申し述べると...

続きを読む

2018/07/30

2020年の英語大改革(改悪)という'病'への処方箋【中編】

|譬えるなら「スーパーは公立の英語の授業、デパートは私立の英語の授業」 総合スーパー(GMS){ヨーカドーやダイエーやジャスコ(今のイオン)や西友}という業態がダメになった原因が、「何でもあるが、欲し...

続きを読む

2018/07/30

2020年の英語大改革(改悪)という'病'への処方箋【前編】

2020年、いよいよ東京オリンピックと同時に、センター試験廃止に象徴されているように、く読み・書き・話し・聞く>の4拍子そろった資格系の大学入試に英語改革が進んでゆきます。 ここで、猫も杓子...

続きを読む


<<前のページへ123456789

アーカイブ

このページのトップへ